1. 電子印鑑・決裁・署名のシヤチハタクラウド > コラム > 製品詳細ページへの導線追加のテストです。

コラム

製品詳細ページへの導線追加のテストです。

働き方改革の推進により、近年リモートワーク(テレワーク)への注目度が高まっています。さらに新型コロナウイルスの感染防止を目的にリモートワークが強く推奨されたことで、実施する企業が増加しています。
しかし、リモートワークを行うにあたっては、ルールの整備や実施環境の整備など様々な準備が必要なため、なかなか急には移行できない企業も多いのが実情です。特に紙の書類や契約書などの承認や捺印対応のために、出社を余儀なくされている方もいるのではないでしょうか。

この記事ではリモートワークによる紙の扱いの課題について整理し、セキュリティに配慮した問題解決策をご提案します。

リモートワークによる紙の問題

リモートワークを導入したことにより生じた大きな課題の一つに、紙書類の取り扱いの問題があります。

リモートワーク経験者が実感するペーパーレス化への現状と課題

一般社団法人日本CFO協会が2020年3月〜4月に行った「新型コロナウイルスによる日本企業の経理財務業務への影響」についてのアンケート調査によると、テレワークを実施または推奨した企業は約70%にのぼりました。

しかし、そのうち「テレワーク実施中に出社する必要が発生した」という回答は41%を占め、出社の理由としては「紙の書類の処理(請求書・証憑書類・押印手続・印刷)」などが挙がっています。

「働く環境はどのように変わるべきだと考えているか」に対するフリーコメントとしても「ペーパーレス化の実現、どこにいても会社にいるのと同環境で仕事ができるインフラを整備していくべき」「ペーパーレス化を推進して紙ベースの処理を少なくする」といった声が聞かれています。紙書類の取り扱いを減らしたい意思がある一方で、まだ準備が整っていない状況にあることが伺えます。

参考: http://www.cfo.jp/wordpress/wp-content/uploads/2020/04/release_200406.pdf

文書管理の課題と解決策について詳しく知りたい方はこちら

稟議や社内申請書・契約書の作成・承認・回覧が滞る

テスト

クラウドサービスの導入で紙書類の課題を解決

企業におけるクラウドサービスの利用状況

テスト

リモートワークではクラウドサービスの活用を

テスト