1. 電子印鑑・決裁・署名のシヤチハタクラウド > コラム > 製品案内の複数表示のテストです。

コラム

製品案内の複数表示のテストです。

2019年4月より、「働き方改革関連法」の一部が施行されました。社内の業務効率化を行い、長時間労働を削減するため、ITサービスの導入を検討されている企業も多いのではないでしょうか。限られた条件の中でITを活用して業務改善を行うには、クラウドサービスの導入が適しています。クラウドサービスなら、導入の初期費用が抑えられ、運用・管理の手間も軽減できます。 この記事では、業務改善の現状と課題、活用できるクラウドサービスやITサービス、導入における業務時間の短縮事例を解説します。

IT導入による業務改善、課題は予算と人材の確保

「働き方改革関連法案」の中には残業時間の上限規制が含まれています。企業経営の要である売上を維持しつつ長時間労働を削減するためには、既存業務の生産性を向上させなければなりません。そこで社内のあらゆる情報を管理するシステムを見直すことで、業務効率化を図る動きが多くの企業で出てきています。

企業で働き方改革を推進するにあたり、IT導入は避けて通れません。しかし、新しいシステムを開発して導入するには莫大な初期費用と専門性の高いIT人材が必要であり、多くの企業が課題に直面している状況です。実際、IT人材が不足していると感じている企業は57.5%にのぼります。