1. 電子印鑑・決裁・署名のシヤチハタクラウド > コラム > テーブルの余白修正のテストです

コラム

テーブルの余白修正のテストです

近年はノー残業デーやプレミアムフライデーなど、退社時間をなるべく早めようという企業の動きが活発化してきました。早く帰るためには今まで以上に業務効率を上げ、無駄な時間を削減しなくてはなりません。そこで今回は、社内の業務効率化を推進する解決策と便利ツールを複数ご紹介します。

業務効率化のコツは「可視化」にあり

はじめに、業務効率化するためのコツをお伝えします。それは「抱えている業務を可視化する」ことです。可能であれば15分など細かい単位で区切り、何の業務に何分かかっているのか、1日の流れを記録してみましょう。すると、「本当はあの業務に重点を置きたいのに、意外とメールチェックや関係者の調整だけでかなり時間がかかっている」など、新しい気付きが得られるはずです。そのうえでどう工夫すれば時間を短縮できるか整理してみましょう。

時間短縮を図るべき業務の対象としては、遂行そのものに時間がかかる業務はもちろんですが、短時間で済む一方で発生頻度が多い定型業務に着目しましょう。こうした業務の効率を上げるには、ツールを活用して進め方の型を決めてしまうことが有効です。

コマンド ショートカットキー
コピー Ctrl+C
ペースト Ctrl+V
切り取り Ctrl+X
全選択 Ctrl+A